トレーニング

トレーニング

重要なレースに向けて。持久的能力を維持する要素は何か~量・頻度・強度~

重要なレースに向けた調整方法について述べました。持久的能力の維持についてご興味のある方は是非ご覧ください。
トレーニング

ヒルクライマーならば気になる低酸素トレーニングについて~RSH(Repeated Sprint Training in Hypoxia)のススメ~

私のX(旧ツイッター)アカウントをご存じない方のためにブログでもご案内いたします。noteの有料記事にて低酸素環境下における身体への影響と具体的なトレーニング方法についてご紹介しておりますので無料部分を転載しておきます。 富士ヒルといった高...
オフシーズンのトレーニングについて

クロストレーニングの有効性について~競技力の向上に繋がる否か~

クロストレーニングの有効性と限界について述べております。メインとなる競技以外に取り組むべきか否かお悩みの方は是非ご覧ください。
トレーニング

怪我をした際の考え方~クロスエデュケーションについて~

片側を動かすと反対側にも筋力の向上をもたらすクロスエデュケーションという現象があります。怪我をした際の考え方についてご興味のある方は是非ご覧ください。
オフシーズンのトレーニングについて

時間の無い人向け~オフシーズンにおけるスプリントトレーニングのススメ~

オフシーズン期において、時間効率の良いスプリントトレーニングの有効性について述べております。お忙しく余り時間の取れない方は是非ご参考ください。
オフシーズンのトレーニングについて

自転車選手は冬作られる!その④~パフォーマンスの低下はどこまで許されるか~

 
トレーニング

HIIT(高強度インターバルトレーニング)の形について考える

HIITを形作る要素と基礎的な知識について述べております。何に注目すると合理的にワークアウトを作成できるかについて興味のある方はご覧ください。
トレーニング

VO2maxを向上させるのに適した強度について~なぜ>90%VO2maxなのか~

VO2maxを向上させる高強度の理論的背景について述べております。 高強度とは何ぞやと疑問のある方。ご自身の強度設定について悩んでいらっしゃる方はご覧ください。
トレーニング

生理学的見地から持久的トレーニングの適応を考えてみる~低強度では何に注意するべきか~

持久的トレーニングによって生じるストレスを検知し、そのストレスに適応するためのスイッチとなるAMPKという物質に焦点を当ててお話ししてみたいと思います。そして、低強度や高強度のトレーニングを行う際に注意するべき点について考えてみます。
トレーニング

伝統的なピリオダイゼーションと現在について

11月も半ばを過ぎ、CXをメインにされている方を除けばオフシーズンを満喫しているのではないかと思われます。シーズン中のプレッシャーや節制から解き放たれ、楽しく自転車に乗っていられる幸せな時期と言えます。   そこで一旦リフレッシュを終えたら...
タイトルとURLをコピーしました